成功するリフォームのコツとは?

      このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネのリフォームは積極的に行いましょう

現在、日本では省エネに積極的な動きがあり住宅のリフォームに助成金制度を設けています。また太陽光システムについては国の電力買取りが終わる可能性が強い為、検討されている方は早めの対応をした方が良いです。屋根や外壁に置いては補助金の対象にはならないかもしれませんが、光触媒などの塗装などもあり環境にやさしい塗料もあります。屋根についても以前よりも防水性を増した塗料があるのでおすすめです。


リフォームする場合は業者の選定から

リフォームの補助金が出ているとはいえ、多くの方が少しでも安い金額で良いリフォームをしたいと考えています。一番大切な事は、良い業者選びです。現在、リフォームを行う為には、ハウスメーカーかリフォーム専門会社へ依頼するのが通常のパターンです。ハウスメーカーというのは、どちらかというと新築の家を建てるだけのイメージがありましたが、最近では小さなリフォームを行ってくれるようになりました。

壁などを取り壊す規模のリフォームになると建築基準法も影響してくる為、リフォームの内容によってはハウスメーカーが良いでしょう。小規模な水回りだけのリフォーム、外壁や屋根の塗装関係であればリフォーム専門会社が良いでしょう。最近では、トイレも同じ洋式でも節水タイプのタンクタイプや、タンクがないタイプなどメーカーによっていろいろな商品が出ています。リフォーム会社では、いろいろなタイプの商品を定価よりも安く提供しています。家の中の一部分だけで取り替え工事が対象となればリフォーム会社へ相談した方が良いでしょう。


地元密着型の老舗施工会社のご紹介:http://www.dream-living.com/


リフォームは案外費用がかかります

長年住んでいると生活環境の変化からリフォームを考える人が多いです。子供が独立したりして夫婦2人暮らしになったり、電化製品が古くなったり、床にゆがみが出てくるなど家も老朽化してきます。そこで気になるのがリフォームするには案外費用が掛かる事を頭に入れておきましょう。例えば、トイレをリフォームするにも取り替えだけで済めば良いですが床面の張替など最初予想していなかった部分もリフォームしないといけない場合もあります。

あるいは、風呂をユニットバスに取り替えたかったが規格と微妙に違って壁の工事が必要になったので予想していなかった事が起きるのがリフォームだと思っておいた方が良いです。したがって、リフォームする場合には、自分がやりたい事を見積もりの段階で漏れなく伝える事と、どんな工事が必要になる可能性があるのかをきちんと最初に確認しましょう。


Pick Up Topics

中古の高層住宅をリフォームしたい 中古マンションを安く購入して自分の思い通りにリフォームして住みたいと思う人は多いです。高層住宅のリフォームというと一見必要内容に思いますが、古い中古物件の場合は、内装が古く感じたり、床の痛みが激しかったりと案外あるものです。 詳細はこちら
太陽光システムの後付けと助成金について 現在、インターネットや新聞広告で太陽光システム取付が話題となっています。太陽光システムは数十年前から出始めましたが、大きく話題となったのは約10年前ぐらいからです。太陽光システムが話題となった原因は国の助成金にあります。太陽光システムの電力の買取りによって購入費用を軽減させてくれるからです。電気の買取りは大手電力会社で行ってくれるので多くの方が取付ける事が可能です。 詳細はこちら
ハウスメーカーとリフォーム専門会社のメリットとデメリット リフォームを行う場合、一番悩むのが業者選びです。現在、リフォーム業者の種類は、ハウスメーカーとリフォーム専門会社に分ける事ができます。どちらも大規模な会社から中小の会社があります。最初に気を付けて頂きたいのが、きちんと見積もりを行ってもらう事と、できれば業者が行った過去の事例を見せてもらう事です。どんな手順でどのくらいの業務をこなしているか見せてもらいましょう。良い業者は、何か所も施工事例があるので沢山見せてくれます。写真等も見せてくれない業者については注意した方が良いでしょう。 詳細はこちら